顕微鏡や抜き型など進化し続ける様々な医療器具を活用する

機材導入の前に機材について細部まで知っておこう

材料を運ぶ役割

鋼材商社で勤めいた時

以前ある特殊鋼製品を取り扱う商社へ勤めていました。商社という事ですので、取り扱う商品は全て有名鉄鋼、製鉄メーカーより卸してもらうものになりますが、ただ単に商品を仲介して販売しているのではなく、自社で倉庫を持ち、加工設備も備えた二次加工メーカーとして存在している部分も大きかったです。当然自社工場、倉庫を持っている訳ですから、鋼材を切削する機械、穴を開けるドリル機械、また鋼材を運ぶたまのクレーンフック等一通りの設備は有しています。その中でも入社当時、新社員へ直ぐに任せる仕事としてクレーンフックの作業があります。免許が必要なため、当然後日取得するために試験を受けますが、免許所持の方に従って、新写真はまずクレーンフックの操作勉強から始めるのが習わしだった様です。

クレーンフックで鋼材を運ぶ

クレーンフックの操作に慣れて来ると今度は実際に鋼材を持った運び方や移動方法について更に操作訓練をしていきます。一番大事なのは作業を行う時に必ず周囲の人に安全注意を促す事。大きい声ではっきり分かる様に、また相手にきちんと伝わる様に話をする事です。どの工場でも安全第一と看板が上がっているところもあると思いますが、正にそれを重視しなければなりません。クレーンフックで運ぶ鋼材は実に様々な物があり、例えば1枚の厚さが3ミリのものや、厚さ30センチぐらいのものとサイズが多く、また重さも一番軽い物でも有に数百キロ以上からトン単位まであります。以上踏まえるとクレーンフック操作はとても安全性を高く求められる作業であり、新社員にとっての安全教育の一環になっていると共に、自社の取り組み方を学べる良い機会だと思いました。