顕微鏡や抜き型など進化し続ける様々な医療器具を活用する

機材導入の前に機材について細部まで知っておこう

便利な機械

3D技術の歯科治療への展開

私も歯科医院のお世話になる一人であるが、正直言って、セレックなるものを今まで知らなかったし、歯科医師からセレックなる治療方法の説明を受けた事がない。それだけ新しい試みと言える。 3Dプリンターについては、テレビ等で盛んに取り上げられているので、其の加工技術の進歩に驚かされることが多々ある。この技術の発展は加工業に革命を齎すと感じたものである。より良く便利なものは普及のスピードが速いと言われるが、セレックも又最新の応用技術と言えよう。 私も、歯の被せが外れる事があり、其の都度修復に歯科医院を訪れるが、毎回型を取り直し、型が出来るまでの約1週間は不自由な思いをしている。かかりつけの歯医者さんにも、このセレック技術を1日にも早く導入してもらいたいものである。

普及していけばより早く、正確に

セレック技法等医師にとっても患者にとっても有益なものは、どんどん普及して行ってもらいたいものである。 おそらく専門家である歯科医師会関係者にはこの様な情報は、すばやく伝わっていると思うが、地方に住んでいる人達にとってこの様な有益な情報は伝わってくるのは遅い。情報機器の発達と普及により、情報そのものは巷に溢れているが、自分にとって必要な価値ある情報を見付け出す方がたいへんである。 歯科医師にとっても、直ぐには導入が難しい新しい技術は存在していても患者さんには伝えにくいのが本音であろう。 庶民にとって有益なものは、何らかの補助的なシステムを構築し、庶民にも其の事を知らせ普及のスピード化を図った方がよいのではないかと思う。