見上げる二人の女性 縦

バイブやローター、ディルドなどのラブグッズは、どうしても男性がパートナーに使って楽しいという目線で作られているものが多くある傾向があります。ごついデザインやカラー、ぎらついたパール入りや光る機能などなど、パートナーとのセックスのときに盛り上げる要素としては使えますが、これが女性自身で持つものとしても受け入れられるかというとはまた別の話です。

確かに女性の性感を高めるためのバイブなどですが、女の方も男性に使われるだけのグッズではなく、自分自身でも一人の夜に使いたいと思うことがあるはずです。しかし、上記のような「すごい」ものでは、自ら使うために購入しようという手も止まってしまいがちです。

女が自らの体を磨くためにラブグッズを使うという発想が広まってきたのも近年の話です。あくまでパートナーとの営みに使うものという認識があったグッズは、場合によっては使うのを嫌がる方もいることでしょう。おもちゃではなく直接パートナーと触れ合いたいという気持ちもあるでしょうし、単純にそのグロさやギラギラした感じが受け入れられないという感覚もあるはずなのです。

そんな感覚を払拭するべく、女性でも手に取りやすいグッズが近年多く登場しています。今までのごついイメージのものではなく、ソフトでかわいいものや、微細な動きで満足させてくれるものなど、本当に女性の願望や体の仕組みを熟知したものがたくさんあるのです。また、女性用のバイブランキングサイトのようなものもたくさんヒットするようになっています。

■女の体は複雑
女の体は神秘であり、特に性感に関してはいまだに詳しく解明されていないところもあります。性感帯としてクリトリスは比較的メジャーですが、Gスポットやポルチオなどその存在はわかっているものの、そこを刺激されて必ずオーガズムを得られるかどうかはわかりません。その部分を的確に刺激されなければもちろんオーガズムを中で経験することもあまりないと言えるでしょう。

それは、男性がそのメカニズムをあまりよく理解していないこともあるでしょうし、女性のメンタルや体質などにもよってくるかもしれません。ただでさえオーガズムに導くためにはさまざまな要素を持っている必要があり、その要素が何であるかを女性自身がよくわかっていないこともあります。

■グッズのランキングも豊富
近年では女も快感を追及する意識が広まってきた節も見られます。今まで自ら使うことに抵抗があったところを、気軽に手に取りやすいカジュアルなものにする工夫や性能も優しく的確に刺激してくれるものなど、今までにない繊細な構造のものが増えています。

女性用バイブランキングにも、一見すると雑貨のように見えるかわいいデザインのものも多数ランクインしており、自分のために選びたいと思うものが増えています。

オススメリンク

最新の投稿

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031